そうだ、北海道に行ってリフレッシュしよう

2000年2月のことです。交際していた女性と別れました。落ち込んだ状態からリフレッシュするために、北海道に行くことを思いつきました。
大学時代から毎年北海道に行ってはいたのですが、オホーツク海の流氷はまだ見たことがなかったのです。

JR長岡駅からトワイライトエクスプレスに乗り、約14時間の少し贅沢な旅のスタートです。
終点札幌で網走行き特急オホーツク号に乗り、網走で釧網本線に乗り換え、北浜駅で下車しました。
この駅は、駅事務室を改造したレストラン「停車場」があり、オホーツク海に一番近い駅としても有名です。

様々な大きさの流氷が、海辺から水平線の彼方まで、海をびっしりと埋め尽くしていました。
風がなく、流氷は微動だにしなかったので、一瞬時間が止まったような気がしました。
しばらく眺めているうち、流氷の素晴らしさに比べれば、女性と別れたことなど、小さなものだと思い、家に帰ったらまた頑張ろうという気持ちがわき起こってきたのです。
その日は北見に泊まりました。翌日は札幌まで行き、札幌雪祭りを堪能しました。