個別指導塾での講師としての経験

学生時代に周りで流行っていたアルバイトといえば塾講師でした。
わたしも個別指導の塾講師として2年間働きました。

英語が得意科目だったため、最初は英語専門の講師として働いていましたが、ほかの講師が用事で授業に来れなくなってしまった場合や、
別の生徒が授業の日を振り替えて来た時などは急遽担当生徒以外の専門外科目も教えなくてはならず、その点が非常に苦労しました。
また、受験を控えた生徒を抱えていたときは自分も一緒になって生徒と問題集を解き、受験勉強をもう一度しているかのようでした。

個々の生徒によってわかりやすい教え方を考えたり、宿題やミニテストを変えてみたりと、自分の学業をそっちのけで自分の生徒のために時間を費やしたりもしました。
大変なこともありましたが、担当の生徒たちが志望校に受かったときは本当にうれしく、努力が報われた思いでした。
自分は生徒に教える立場でしたが、教えていく中で自分も様々なことを学べたアルバイト経験でした。